テーマ:島原鉄道

私鉄のC12

九州には珍しく私鉄自社発注のC12が2輛保存されています。 1輛は南薩鉄道の12号機,もう1輛は島原鉄道のC1201です。GWの九州旅行の際,両方を見てきました。 まずは南薩鉄道の12号機。加世田バスステーションから15分ほど歩いた山の上の運動公園の片隅に保存展示されています。 C12としては唯一の「戦時型」で,四角いドーム,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR四国のキハ20更新改造車

キハ20は53輌がJRに承継され,そのうち20輌が四国に配属されていました。88年頃には全車更新工事を受けています。徳島地区では10輌~15輌位が配属され,キハ20同士やキハ45あたりと編成を組んで走っていました。通学時の編成に見かけたら選んで乗っていましたが,たった一回だけ,朝の上り徳島行き(5連)がキハ20ばかり5輌連ねて来た時には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島原鉄道90's Vol.2

島鉄には94年の初訪問以降,97年の全線開通まで毎年夏に訪問しています。 友人との観光旅行だった95年の分はまだデジタル取り込みをしていないので,96年,97年の写真から幾つかを。 96年夏の訪問のとき。まだ全線復活前で,島原外港~深江は代行輸送のままです。深江の面倒な入換は無くなって,1番線に到着してそのまま折り返していま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島原鉄道 90’s Vol.1

片上鉄道は,最後の廃止前のGWの訪問の写真が見当たらないので,別のところを。 さて,幼少時から何故かキハ55(キハ26)がお気に入りだったこともあり,長崎の島原鉄道は非常に気になる存在でした。 国鉄のキハ55・26はJRには引き継がれず,ついに乗車は叶いませんでしたが,まだ島鉄には両運のオリジナル車が残っていました。とはいえ,そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more