記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS さよなら近江の電機

<<   作成日時 : 2017/12/26 23:20  

トラックバック 0 / コメント 0

近江鉄道では,彦根駅構内に「近江鉄道ミュージアム」を開設し,現役から引退した電気機関車を展示していました。ところが,老朽化が進み,これ以上の維持は困難となったとして,順次解体することが発表されました。12月16日に最後のお別れ公開が開かれたので出掛けてきました。

画像


画像
ED14型3輛の並び。

画像
黄色いホキを連結したED31。他車より若干綺麗です。ライトが点いていますが,よく見るとパンタは架線に接しておらず,外部からコードを繋げていたようです。

画像
救援車のワを2両連結したED141。この車輛も車体の錆は少なく綺麗ですが,やはりライトの電気は外部から引いています。

画像

このED31による汽笛体験を実施していましたが,こちらもエアーは側線に留置していた電車からホースを通じて供給されていました。もう通電もままならないほど老朽化が進んでいるのでしょう。よく見ると,この車輛だけ運転台前面窓がHゴム支持になっています。

画像
もと阪和電鉄のロコ1100。何故か余り注目を浴びていませんでした。

画像
先に解体が予定されてるED31型3輛。かなり痛んできています。

この直後,同社からはこのままでは電車線の維持が困難になるとの発表がなされました。電気機関車の維持どころの騒ぎではないところまで来てしまったのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さよなら近江の電機 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる