記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄道コレクション第22弾で遊ぶ

<<   作成日時 : 2016/04/04 00:20   >>

トラックバック 0 / コメント 2

鉄道コレクション第22弾が予告通り(!),3月末に発売になりましたので,早速購入してきました。
今回は私鉄気動車と国鉄の湘南型郵便荷物気動車です。

今回のラインナップではいちばん楽しみにしていたのが紀州鉄道キハ603です。
画像
国鉄キハ10を18メートルに短縮したような車輛ですが,随所に特徴が見られます。末期は全面窓枠がアルミ押さえになり,テールライトの部分が前照灯に改造されていましたが,モデルは原型のHゴム窓,円盤付きテールライトとなっています。
車体は非常にすっきりと仕上げられて好感が持てます。ライトはクリアパーツはめ込み。ただ,ベンチレーターは屋根と一体成形になりました。同タイプのベンチレーターを備えていた第13弾のキハ49000Yは別パーツだったのですが・・・。コストダウンでしょうか?
床板は第19弾と共通(動力も同じ物が指定されています)で,これに第13弾と同じパーツが組み合わされています。そのため,本来,車体中心にあるべきラジエーターが外側寄りに付けられてしまっています。当初のイラストには描かれていなかったので,とってつけたような感じがします。台車は専用のものが用意されていますが,残念ながら偏心台車までは再現されていませんでした。

次いで岡山臨港のキハ7002。夕張キハ253とは色違いなだけなので,右代表で。細いバス窓がずらりと並ぶのが壮観です。
画像

画像

この車輛のもう一つの特徴が,切り妻側の運転台。夕張鉄道が新造した当初は両方の運転台とも湘南型だったようですが,編成運転を実施するために片側を切り妻に改造,窓1つ分だけの小さな運転台が設置されています。元々は入換時などに用いることを想定した簡易運転台だったようですが,夕張の末期や岡山臨港では堂々と先頭に立って運行されていました。
こちらもベンチレーターは屋根と一体モールドです。

国鉄の湘南型キハユニ3種。いずれも国鉄が昭和20年代末期に少量製造した電気式気動車をルーツとする車輛です。
画像

画像
キハユニ15型の2番と6番。2番はキハ44000型の1次車をベースにしており,客車のような1段窓,シル・ヘッダー付き。台車が軸距の長いDT18のため,適合する動力ユニットがなく動力化不可。6番は同じくキハ44000でもバス窓を採用した2次車ベース。加古川で昭和55年度まで残り,首都圏色化されていた車輛です。湘南顔と朱色一色塗りのミスマッチが妙な魅力を醸し出しているような気がします。今回のシークレットは,一般色で残ったキハユニ16 9。ヤフオクでは7000円を超える値段が付いているようです。塗装スキルがあれば,IPA漬けのうえ,自ら塗った方が早そうですが・・・
画像
こちらは北九州で活躍したキハ44100を改造したキハユニ16。和歌山で急行「きのくに」の先頭に立っていたようです。一昨年発売された急行「きのくに」セットの先頭に立てると,在りし日の阪和線急行きのくにが再現できるわけです。
いずれも良く出来ていますが,屋根の分割線と塗り分け線がずれており,少々目立つのが残念です。


画像
こんなのも出るのかと驚いた加悦鉄道キハ08。客車改造気動車です。窓枠はキハユニ15 2とは異なり車体側にモールドされていますが,ガラスのはめ込みがきっちりしていて好印象。本家Tomixの旧客はドアの奥行きの浅いという欠点がありますが,こちらは適度な奥行きとなっており,本家の旧客より出来が良いのではと思わせるところもあります。こちらもベンチレーターは屋根と一体成形。

江若鉄道のキハ12。もとは先日事業者限定で出たキニ9と同じ形でしたが,更新改造でバス窓車体に生まれ変わりました。しかし,元の鋼体を使ったためか,正面がなんとも言えないスタイルになっています。
画像
下回りは先の江若キニ9と同じようにトラス棒付き。今まで紹介した車輛と異なり,ベンチレータが別パーツです。キニ9と仕様を合わせたのでしょうか?

最後は島鉄キハ2006。要は国鉄キハ20です。
画像
島鉄では最後まで残ったキハ20のうちの1輛で,末期にひげ付き急行色に戻されていました。島鉄では連結方向が限られるため,諫早側正面のジャンパ線受けが撤去されていましたが,今回のキハ2006でも再現されています。(93年の写真では撤去車は無く,全線復旧した97年頃では一部の車輛で撤去されているようなので,この頃に更新と合わせて撤去した物と思われます。)
画像
こちらは第13弾の鹿島臨海2000や茨城キハ20と実質同じなので,ベンチレータは別パーツです。
国鉄キハユニ,加悦キハ08,夕張・岡山の20メートル級車輛ですが,床下は第13弾と同じ,ラジエータの向きが逆となっているところまでそっくり同じなので,直してやる必要があります。
今回の第22弾,車体の造形は文句なしですが,塗装に難がある個体が幾つか見受けられました。また,ベンチレータや床下の流用など,コストダウンらしき跡も見られます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
キハ08が製品化?

(◎o◎)


なんか凄い時代になりましたよねぇ

( ̄ー ̄)

グリーンマックスやマイクロエースも


(>_<)ですよね
NORINKO
2016/04/06 00:34
NORINKOさま
昔はグリーンマックスのオハフ61付属の前面パーツを使って作るのが定番でしたねえ。いやはやすごい時代です。
事務局長
2016/04/17 00:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄道コレクション第22弾で遊ぶ 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる