記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS Tomix キハ40 JR四国色

<<   作成日時 : 2015/03/30 01:54   >>

トラックバック 0 / コメント 1

Tomixからキハ40JR四国色が発売されました。
四国のキハ40は全車冷房化,トイレ撤去・窓増設工事が施工され,さらに一部はトイレ水タンク撤去部分の屋根整形までも施工されています。今回のプロトタイプはこの屋根整形工事施工車となっています。

画像
全体。HGモデルらしい仕上がりで,トイレ撤去部の増設窓や一部ルーバーの埋め込みもきっちり再現されています。一方で窓上のワンマン用スピーカーは省略,客用扉も実車はHゴムが無いタイプ(内側から金具で押さえるタイプ)に交換済みのところ,モデルではもとのHゴム仕様のままなど,一部簡略化も見られます。
台車はグレーとなっていますが,下回りそのものは国鉄仕様と変わりはありません。従って,冷暖房用サブエンジンの表現は省略,実車にはない熱交換器が残っています。当然ながら台車の砂撒き装置もありません。
画像
行き先は「徳島」。他に「牟岐」「高松」が入っています。同時発売のキハ47には「鳴門」「穴吹」が入っているため,交換すれば徳島線や鳴門線にもなります。
画像
貫通幌は別付け。実車は旧トイレ側(従台車側。徳島線基準で徳島寄り)に付きます。平成元年に松山から転属してきた当初は逆向きで,旧トイレは阿波池田側を向いていましたが,いつの間にか方向転換されていました。
画像
窓増設・屋根整形部分。この窓増設が故に単なる塗り替えでは再現が難しかったのですが,新規金型を用意してすっきりと表現されています。屋根整形部分は,実車は屋根のへこみ部分にカバーがしてあるだけのようで,車内から見ると低屋根のままです。
車内パーツも専用になっており,ワンマン化の際にクロスシート6組がロングシートに改造された姿が表現されています。T車のロングシート部は座面の区切りまで表現する手の込みようです。

走りは近年のTomixの標準で非常にスムーズです。M車ならR140のカーブも何とか通過します(音が大きくなるのでギア回りに無理がありそうですが)。T車はそのままでは通過しませんでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
JR四国仕様出ましたね。早めに購入しないと。JR北海道仕様は、購入しました。
東海のどら猫
2016/01/13 06:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
Tomix キハ40 JR四国色 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる