記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS 尾小屋鉄道キハ3(遠鉄奥山線キハ1803)に乗る

<<   作成日時 : 2014/08/29 01:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

石川県小松市尾小屋に展示されていた尾小屋鉄道キハ3が「なつかしの尾小屋鉄道を守る会」の尽力で,遠州鉄道奥山線時代の姿に復元の上,粟津のなかよし鉄道で運転されることになりました。気動車ファン,地方私鉄ファンとしては見逃せるはずがなく,早速運転初日に出かけてきました。

画像

画像
美しく整備された姿。塗装は尾小屋時代の赤とクリームから,遠鉄時代のマルーンに変更されています。

画像
塗装以外にも,自動連結器の解放てこやラジエターカバーが復元されています(尾鉄はピンリンク連結器ですが,遠鉄は自動連結器を採用していました)。

画像
キハ3の車内。内装も晩年のクリーム色からライトグリーンに,シートも青のビニール張りからグリーンのモケット張りに変更されています。尾小屋に移籍した際に載せ替えたエンジンの背が高く,床の一部が盛大に盛り上がっています。なれない人が蹴躓く姿が見られました。

今回の運転では,なかよし鉄道所属のDL+PC+PC+DCの編成がまず児童館前駅を発車,そのあと側線から出てきたキハ1803が単行で続行する形で運行されていました。帰りはキハ1803が駅に戻り,側線に逃げてからDC+PC+PCの編成が戻ってきて,さらに後ろからDLが単機で戻る形になっていました。
なかよし鉄道は軌道延長も長く,なかなか乗り応えがあります。キハ3は残り少ない機械式DCなので,運転士がクラッチを踏み,シフトレバーを操作する姿も見ることが出来ました。

なかよし鉄道での運転は9月14日までとのこと,もう一度くらい行きたいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
尾小屋鉄道キハ3(遠鉄奥山線キハ1803)に乗る 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる