記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS 久留里線キハ38

<<   作成日時 : 2012/11/11 21:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

首都圏にあって長らく取り残された感の強かった久留里線も,ここにきて一気に近代化が進められ,遂にJRでもここだけとなっていたキハ30,37,38も12月に新型のキハE130に置き換えられることになりました。
関鉄に残るキハ30はともかく,キハ37,38には今一度乗っておこうと,出かけてきました。


乗車したのは昼の上総亀山行き。ホームに入ってきたのはキハ38の2連です。
画像
千葉支社管内の車両の例に漏れず,車体はかなりの汚れよう,窓も茶色く外がよく見えません。

画像

途中の横田ですれ違った上り列車の先頭はキハ30が連結されていました。この車両だけ異様な混み具合でした。

遵法闘争でもやっているのかと思うほどゆっくりと走るうち,空席だらけだった車内もいつの間にかかなりの座席が埋まって上総亀山着。殆どの人がそのまま折り返しのようでした。

画像
キハ38の車内。バケットシートが並びますが,最新の車両に比べると狭く,満席になると窮屈です。
画面右側ぎりぎりに半分ほど映っているダクトが冷房用ダクト,真ん中ドアの横が暖房用ダクトで,そのために2人分座席が短くなっています。

画像
キハ38型0番台の車端部に1組だけあるクロスシート。下半分はバケット型,上半分は在来型という独特の座席です。

画像
床下の新潟鉄工製DMF13HS。キハ38は他の横型エンジン車より床が高いため(縦型エンジンのキハ37と同じ床高さとのこと),エンジンがよく見えます。

画像
キハ30とキハE130が並ぶ幕張区木更津派出。このような姿が見られるのも,あと20日余りです。

画像
木更津駅上り線売店で売られていた「JR久留里線旧型気動車ラストラン記念弁当」。11月25日までの土日祝日のみの販売です。買ってみたものの,食事には中途半端な時間だったので,結局家まで持って帰って食べました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久留里線キハ38 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる