記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS 大井川鐵道 新金谷駅構外側線

<<   作成日時 : 2012/10/06 23:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

金谷で東海道線から大井川鐵道に乗り換え,新金谷駅に着く直前,右から線路が合流してきます。
大井川のそばまで続くこの線路,先の方は保線基地や廃車置き場として使われているようです。

体育の日の3連休,大井川鐵道ではSLフェスタが行われています。各種出し物・イベントのひとつに,この構外側線を使った井川線車両による体験乗車がありました。このような機会は滅多に無いので,乗りにでかけてきました。

画像
構外側線上で待機する井川線編成。
地図を見ると,構外側線は本線から別れ,新しいバイパス道路の踏切を渡ってS字形に曲がって大井川近くのヤードに続いています。
今回はどこまで乗せてくれるのかと思ったら・・・このバイパス道路の踏切を渡ったところまででした。距離にして100メートルくらい。もうちょっと先まで行って欲しかったところです。
画像

画像
折り返し点で停車中の列車。このあたりまでは道路工事に合わせて線路を敷き直したのか,レールも枕木もしっかりしています。
画像
停止点から先には小さな鉄橋がありますが,さっきまでのしっかりした線路はどこへやら,防腐剤が抜けて白っぽくなった枕木に細いレール,「トワイライト」な姿に早変わりしています。さすがにお客を乗せた列車を通すのは憚られるのでしょう。
SLフェスタのメイン会場からかなり遠回りしないとたどり着かないためか,体験乗車の会場はのんびりしていて,一便あたり20〜30人程度を乗せて,行ったり来たりを繰り返していました。

体験乗車列車が入らない先の方がどうなっているか,気になったので見に行ってみました。
画像
こんな感じの線路が延びています(これは新金谷向き)。
画像
製材所や産廃処理工場を抜けると小さなヤードがあります。
ヤードの手前は保線基地らしく,レールの山とモーターカーが1台。
画像

その奥は廃車置き場で,C11だったもの,C12だったもの,オープンタイプの電車にまだ使えそうなホキ800などが雑多に押し込まれ,雑草に埋もれていました。
画像
画像
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大井川鐵道 新金谷駅構外側線 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる