記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS 明知鉄道の半室食堂車?

<<   作成日時 : 2012/08/19 22:05   >>

トラックバック 2 / コメント 0

国鉄明知線を引き継いだ明知鉄道では,一日1往復の「急行」があり,下り明智行きには「食堂車」が連結されるとあります。食堂車と言っても調理設備のある「キシ」ではなく,車内にセットした長机で重箱弁当を食べる,と言うものですが,時刻表にも「和食堂車」のマークが入っています。
「食堂車」は要予約ですが,一般車の方は普通に乗車できることから,この夏休みに乗車してきました。
画像
急行はセミクロスシートの一般車とロングシートの食堂車の2連と聞いていたのですが,明智から上り急行としてやってきたのはアケチ13の単行。
今日は食堂車なしかと思ったら,真ん中にカーテンの仕切りがあり,恵那よりの半室が「食堂車」になっていました。
画像
「食堂」側。机がセットされて,お重が並んでいます。
画像
普通席側から見るとこんな感じ。カーテンを止めているのが竿挟みなのが何とも手作り感満載です。

普通席の方は発車時間には20数人のお客が集まり,座席はいっぱいになってしまいました。食堂の方も何人かが乗り込んだようです。仕切りは薄いカーテンだけなので,アテンダントの声やら話し声も筒抜け,暫くすると弁当の香りが普通席まで漂ってきていました。

急行と言っても走りはゆっくりで,普通列車より少し遅いくらいです。ただ,全線に亘り勾配が急なため,車内にはエンジン音が響きわたり,短尺レールのジョイント音と相まって余り遅い感じはしませんでした。

画像
唯一のレールバス,アケチ6号は車庫でお休み中。その他,アケチ1型の廃車体が阿木と山岡の貨物側線跡に姿を留めていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「お帰りC12」 明知鉄道に40年ぶりSL
第三セクター明知鉄道は2日、同町の明智小学校で約40年間静態保存されてきたSL「C12形244号」を明智駅に移し、構内で展示を始めた。同地域では、2027年のリニア中央新幹開業に向けた誘客の目玉として、SLの復活運行を目指す構想があり、構内展示は夢への第一歩となる。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2013/12/04 12:13
「お帰りC12」 明知鉄道に40年ぶりSL
第三セクター明知鉄道は2日、同町の明智小学校で約40年間静態保存されてきたSL「C12形244号」を明智駅に移し、構内で展示を始めた。同地域では、2027年のリニア中央新幹開業に向けた誘客の目玉として、SLの復活運行を目指す構想があり、構内展示は夢への第一歩となる。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2013/12/04 18:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明知鉄道の半室食堂車? 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる