記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS 十和田観光電鉄,廃止へ

<<   作成日時 : 2012/01/30 00:46   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今年3月末の鉄道からの撤退を表明していた十和田観光電鉄が,遂に廃止申請を提出したとの報道がありました。
規制緩和により,鉄道路線の廃止は1年前の届け出で可能となりましたが,今からでは3月には間に合いません。どうするのかと思ったら,同時に4月以降は休止とするとの届けが出されたようです。
廃止届けが出る少し前(1月21日),名残乗車に出かけてきました。

新幹線青森開業で行きにくくなったのが三沢。八戸で青い森鉄道に乗り継ぐのが順当ですが,接続がいまいちでかなり時間がかかります。今回は七戸十和田からバスで現地入りしました。

画像
休日は本数がすくなく,1時間半に1本くらいしか運行されていません。バスを降りて40分ほど待ち時間を経て三沢行きに乗り込みます。この日はムンクの「叫び」のビニール人形を抱えた人が乗っていて,注目を浴びていました。
十和田市側はこまめに駅があり,停車するごとに部活帰りの高校生が乗ってきて,名残乗車組の鉄道ファンと相まってそれなりの乗車率となります。これらの高校生は春からはバスを使うことになるのでしょう。
しかし,鉄道からバスに転換された路線の多くはそのバスまでもが廃止の危機に陥っています。三沢駅前や沿線の状況を見ると,転換バスもそのうち減便の憂き目に遭うような気がしてなりません。

画像
七百で下車。旧型電車と電気機関車,貨車が一列に並べられていました。緑のデハ3603号は早くも物置になりつつあります。

画像
いつも止まっている7200。両運に改造されていますが,走ったことはあったのでしょうか?

画像
夕暮れの十和田市駅。すでにメインテナントだったスーパーは退去しており,十和田観光電鉄関係の営業所や売店,バス案内所のみ営業となり,1Fのバス乗り場やそば屋の辺りを除いて余り人気はありません。4月には退去しなければならないらしいですが,3月末で用済みとなる駅はともかく,バス案内所と乗り場はどうするつもりでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!!
廃止と言うことをブログで知り検索しました。
私は秋田県の秋田内陸線の本社の所に住んでいます。こちらも危機感があり土日を利用して乗っていました。
十和田観光鉄道のこと知らず七戸十和田や三沢なども良く訪ねていました。廃止のこと知らずにいました。今冬は大雪で奥入瀬の冬もまだ訪ねていませんのでお天気を見て乗りに行きたいと思います。
ビオラ
2012/02/15 10:17
ビオラ様,ようこそお越しくださいました。
秋田内陸線も色々頑張っているようですね。2度ほど乗車しましたが,普通列車と急行で乗り通しただけだったので,一度ゆっくり途中下車しながら乗ってみたいと思います。
記念会事務局長
2012/02/20 01:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
十和田観光電鉄,廃止へ 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる