記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS 岳南鉄道で突放を見る

<<   作成日時 : 2011/12/24 02:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

来る平成24年3月のダイヤ改正でJR貨物が東海道線吉原の貨物扱いを休止するとのこと。これに伴い,臨海鉄道やセメント輸送以外の一般貨物を扱う唯一の民鉄である岳南鉄道の貨物輸送も休止となってしまうとのことで,12月23日に岳南鉄道初乗りをかねて貨物輸送を見てきました。

画像
狙いをつけたのは吉原を11時過ぎに出る703列車です。祝日なので貨物が動くのかどうかは現地に行かないと分からなかったのですが,先行する電車で比奈に着いて,ホームで待つこと15分ほど,時刻表より数分早めに無事にやってきました。ED402とワム80000を数両の編成です。
機関車は到着した貨車を側線に押し込むと一休み。
暫くすると反対から吉原行き電車が来て,操車掛が乗り込んだので付いていきます。
操車掛は一駅戻った岳南原田で降ります。

画像
岳南原田では側線と貨物ホームにコキが2輛ずつ。
暫くすると先ほどのED402が追いかけてきて,貨物側線と側線のコキを入れ換えます。一旦4両まとめて引き上げたあと,貨物ホームにいた2輛は本線に,側線にいた2輛は貨物ホームに突放で移されます。機関車から切り離されたコキだけがスルスルと滑ってくるのは変な感じです。
機関車は反対の線路を伝って機回しして,貨物ホームから引き出された方のコキを牽いて比奈に戻っていきました。

次の岳南江尾行きで比奈に戻ると,ワムの入換作業が始まりました。
画像


画像
まずはワム3輛が突放で隣の線路に入ります。

画像
こんどは4輛がやはり突放で手前の線路に。

画像
最後に2輛が先の3輛に再度連結されます。これは機関車付き。

画像
結局,真ん中の4輛を抜く作業をしていたようです。
構内の操車掛の人も事務所に戻り,あちこちにいた撮影組も散っていったので,入換は終わりと思い,岳南江尾まで一往復。車庫のある岳南富士岡で下車します。
画像
比奈の入換用と聞いていたED501は車庫で昼寝中。

画像
こちらは休車中のED291。バブル真っ盛りの頃,予備機として復活したと聞いた記憶がありますが,その後動いたことはあるのでしょうか?

のんびり岳南江尾やら岳南富士岡で遊んで,吉原に戻るべく上り電車に乗って比奈を通りかかったら,いつの間にか留置しある車輌の位置が相当入れ代わっていました。よそ見をしている間にも色々と入換作業をしていたようです・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
岳南鉄道は職員の方々も非常に好意的で、貨物が無くなるのは非常に寂しいですね…。

ちなみにED29はMGが抜かれていると聞いたことがありますので、近年は完全な置物だったみたいです。
ひさし
2011/12/25 22:36
ひさし様

もっと早く訪問すべきだったと後悔しているところです。
かつての別府鉄道や岡山臨港鉄道のように貨物廃止=路線廃止なんてことにならないことを祈るばかりです。
記念会事務局長
2011/12/31 01:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
岳南鉄道で突放を見る 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる