記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後のキハ35〜関東鉄道キハ350

<<   作成日時 : 2011/08/07 23:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最大23両を数えた関東鉄道のキハ350(もと国鉄キハ35,36)も廃車すすみ,この9月で最後の1編成も引退することになってしまいました。
キハ35は以前は地元徳島にも2輛在籍し,通学時に何度か編成に組み込まれていましたが,「ハズレ」扱いであまり乗ることもありませんでした。しかし,数が減ってくるとやはり気になるもので,関鉄から無くなる前にもう一度乗っておきたいと思いつつも叶わないでいました。もともと経年が高かったこともあってか,土日の昼間は運用に入ることも少ないようで,ここ数年は関鉄でキハ350に当たった記憶がありません。
ところが,引退を記念して,金・土・日に固定運用に入るようになった(金曜は水海道〜下館,土日は水海道〜取手)ので,先日出かけてきました。

画像
水海道で折り返し待ちのところ。見た目はまだまだ綺麗です。
下館側のキハ3511にはジャンパ栓受けがありません。国鉄時代はどの方向を向いても大丈夫なように両方にジャンパ栓受けがありましたが,私鉄払い下げ後は方向転換する可能性もないためか,更新ついでに片側のジャンパ栓受けを外してしまっている路線もあります。島鉄のキハ20も片側のジャンパ栓受けが無かったように記憶します。

画像
キハ3511の車内。国鉄(JR)時代は奥の方の右側にトイレがありました。関鉄では綺麗に撤去して窓も設けられています。しかし,座席は設けられず謎の立席スペースになっています。旧トイレ向かいのクロスシートはそのまま残っています。

画像
車輛区には先に運用離脱したキハ350が留置されていました。青いのは元キハ36という貴重品です。
(動画のキャプチャー画像なので荒いですが)


暑い日でしたが,キハ350のクーラーは効きが今ひとつでした。もともと,キハ35系はすきま風が多い車輛なので仕方が無いのかも知れませんが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最後のキハ35〜関東鉄道キハ350 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる