記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS あまぎモデリングイデア 鹿島参宮キハ42200

<<   作成日時 : 2011/08/03 00:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ミニレイアウト工作も一息ついたので,重い腰を上げて久しぶりに半田付け工作に取りかかろうと思い立ち,手元のキットから鹿島参宮キハ42200を引っ張り出してみました。
キットは曲げ済みの車体とホワイトメタルの前面,あと若干のパーツのみというシンプルなものです。

画像

内枠をパパッと半田付けすればあとはホワイトメタルの前面を接着するだけですが,屋根のカーブや,ホワイトメタルの湯口の処理など,若干の調整が必要です。写真は半田付けを済ませて仮組した状態。まだ前面は接着していません。

さて,キハ42200とありますが,見て分かるとおり国鉄のキハ42200(キハ42000を天然ガス動車に改造したもの)とは無関係で,東横電鉄が急行用に導入したガソリンカーが五日市鉄道を経由して鹿島参宮鉄道に流れ着いたものです。
東横電鉄ではガソリンカー導入で電力を削減する,と言う意図があったという話ですが,残念ながら当時のガソリンカーでは電車に伍して走る事は出来ず,また,燃料事情悪化により,たいした活躍をすることなく廃車になっています。
国鉄キハ42000や日車型流線型ガソリンカーとは違った独特のデザイン,私鉄向けとしては珍しい国産ガソリンエンジン搭載するなど(国鉄ではすでに国産のGMF13,GMH17が使われていましたが,私鉄ではアメリカのウォーケッシャ製あたりを搭載するのが通常でした),意欲的な車輛だったのですが。
鹿島参宮鉄道には2輛が在籍していましたが,1輛は無残な切り妻に改造されてしまいました(キハ651に改番。「むごい」とは良く出来た?改番です)。その後,夕張や三井芦別から来た液体式気動車に押し出されるようにして廃車になっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あまぎモデリングイデア 鹿島参宮キハ42200 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる