記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄道コレクション第13弾 その2

<<   作成日時 : 2011/03/26 03:03   >>

トラックバック 1 / コメント 0

鉄コレ第13弾,開封売りを実施している店では小湊が一番人気で,次いで小坂,鹿島臨海あたりが続いているようです。小湊キハ200は今回の鉄コレのラインナップの中では唯一の現役なので頷けるところです。ちょっと濃いめのクリームなど,実車の雰囲気を良く再現しています。
逆に島原や留萌あたりが関東ではなじみが無いためか,あまり人気が無いようです。
当方は島原を一番望んでいたので複雑なところです。

画像

その島原のサボ回り。Tomixのキハ17系と同様,バス窓のHゴムは車体側,窓サッシはガラス側に表現されています。「諫早⇔加津佐」のサボの文字もくっきり見えます。
ちなみに反対側も「諫早⇔加津佐」です。本来なら反対サイドは「加津佐⇔諫早」になるところですが,左右両サイドで印刷を変えるとなると一工程余分にかかってしまう(コストアップになる)ので仕方ないところでしょう。
シートピッチ拡大で窓とずれてしまった座席の背もたれまで再現しています。

画像

画像

前面。諫早方と加津佐方でジャンパ栓受けの個数が違っているところもきちんと再現されています。古い写真を見ると,3つある方が加津佐方,1つの方が諫早方のようです。

画像

こちらは津軽鉄道のキハ2400。幌はこのような形で外れます。

画像

同じキハ20系顔の雄別キハ49200Yと津軽キハ2400を並べたところ。正面窓位置の違いから来る微妙な顔つきの違いも表現されています。
意外と細かいのがダミーカプラーで,密着自連のキハ20タイプ車と,小型自連の島鉄・留萌ではパーツが違っています。

画像

もとは同じ鹿島臨海の2000型と茨城交通のキハ20。単なる塗り替えのようでありながら,エンジン側の正面が鹿島臨海では幌付き,茨城では幌無しと作り分けてあります。幌の形も違うなど,トミーテック恐るべしというところ。
この2輛の室内パーツ,何故かトイレの箇所にもクロスシートが付いています。トイレなしの島鉄キハ20(01〜03)でもやる気なのでしょうか。

まだ続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【鉄道コレクション】雄別鉄道が登場【キハ49200Y】
TOMYTECからリリースされた【鉄道コレクション】シリーズの第13弾は、国鉄キハ20形気動車をベースにした私鉄用気動車がラインナップされているのですが、その中で【雄別鉄道】で走っていたキハ49200Y形気動車が入っています。 ...続きを見る
東北海道鉄道撮影地ガイド + 鉄音
2011/03/30 09:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄道コレクション第13弾 その2 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる