記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS 関東鉄道龍ヶ崎線キハ532

<<   作成日時 : 2011/02/17 01:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先の3連休,一日目,二日目は雪が積もるとかいう予報でしたが,結局湿っぽい雪と雨が降って寒いだけでした。
日曜は打って変わって良い天気,せっかくなので近場で何か,と当たってみたら,関東鉄道龍ヶ崎線のキハ532が動く日でしたので,乗りに行ってきました。

画像

キハ532は,昭和56年に国鉄キハ20の機器を流用して新潟鉄工で製造されました。ワンマン運転時にホームの確認がしやすいよう,龍ヶ崎側が右側運転台となっているのが特徴です(ホームは全て竜ヶ崎に向かって右側にあるため)。この写真でも,ワイパーが通常と反対の左側にあるのが分かりますでしょうか。
ワンマン運転と言っても,整理券・運賃箱方式ではなく,都市型ワンマン運転(ドア開閉と放送のみを運転士が行い,車内での料金収受は行わない)となっています。放送もテープではなく,国鉄型気動車に付いているのと同じ受話器型放送装置を使って運転士が行っています。
(使ってはいませんがオルゴールも付いているように見えました。)

画像

サボはなく,車体に直接行き先が書かれています。
(ステッカーかもしれませんが)

画像

車内。真ん中ドアの横にある排気管と床のエンジン点検蓋(エンジンはDMH17C)が無ければ電車と変わりははありません。

このキハ532,気がつけば関東鉄道で最後のDMH17系列搭載車となってしまいました。同じように縦型DMH17C搭載だった常総線のキハ310,キハ0は直噴式DMF13HZに換装されていますが,キハ532は換装される気配はありません。
置き換えという話も聞かず,当面はDMH17Cを唸らせながら活躍してくれるのでしょう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
関東鉄道龍ヶ崎線キハ532 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる