記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS Tomix キハ20の動力台車

<<   作成日時 : 2010/11/14 21:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

何気なく,先日買ったTomixのキハ20の首都圏色車と,以前発売された一般色車を見比べていたら,動力台車の刻印が違うことに気づきました。
一般色は「DT22N」とありますが,首都圏色は「0508」とあります。見た目では,ブレーキシューの表現が,一般色の「DT22N」では車輪踏面まで引っ込められているのに対し,首都圏色の「0508」では車輪の相当手前,ウイングバネの横あたりになっています。また,軸端のベアリングカバーの表現も僅かに異なります。

(ちょっと分かりにくいですが)
画像


手元の製品を見てみると,「DT22N」はキハ58(HG初代)やキハ55系が,「0508」はキハ40-2000が付けています。見た目はブレーキシューが引っ込んだ「DT22N」の方が優れているのですが,新集電機構に対応したトレーラー台車と表現を合わせたのでしょうか。ちょっと気になるところです。
(新集電機構のトレーラー台車の場合は,ブレーキシューを踏面まで引っ込めると集電板と干渉してしまうため,ブレーキシューは手前側に表現せざるを得なくなっています。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Tomix キハ20の動力台車 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる