記念会事務局

アクセスカウンタ

zoom RSS 第50回全日本模型ホビーショー

<<   作成日時 : 2010/10/17 23:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 10月16日,幕張メッセで開かれていた全日本模型ホビーショーに行ってきました。お目当ては鉄コレ第13弾のサンプル品。既に情報系サイトでは写真が上がっていますが,自分の目で確かめたいものです。
 さて,京急線で品川に出て,京浜東北線快速に乗り継いだまでは良かったのですが,田町で山手線線路点検のあおりを喰って動かなくなりました。結局,京浜東北線は田町で数分間停車してから各駅停車になり,10分ほど遅れて東京駅着。京葉線ホームに降りてみたら,海浜幕張行き普通がE331で客待ち中。次の快速より現地着が遅くなりますが,迷わず乗車します。

画像

 途中でクロスシートが空いたので移動しました。E231に比べると座面も背もたれも平板ですが,意外とすわり心地は悪くありません。妙なバケット構造になっていない分,楽に座れます。しかし,速度が上がるとよく揺れます。

 現地に着いたのは15時過ぎ。前からタミヤやら何やらのマークの入った袋を下げた人がぞろぞろと駅に向かってくる所を逆に歩きます。

 ホビーショーですので,ラジコンやプラモデルが多く展示されていますが,そのあたりには目もくれず,まずはトミーテックブースに。
 何をおいてもまずはこれ。鉄コレ第13弾。
画像

雄別のキハ49200Yと津軽のキハ2400。屋根の分割がTomixのキハ20とは異なっています。

画像

小湊キハ200と同和鉱業小坂のキハ2100。小湊はユニットサッシの後期増備車です。

画像

島鉄キハ4500。ヘッドライトの形状から日車製のキハ4501,02の何れかとなります(帝国車輛製の03,05号はヘッドライトが飛び出しています)。台車との干渉を防ぐため,ステップの裾下がりが短くなっているようです。

 第10弾では屋根と一体だったベンチレーターも別付けとなっているようです。だんだんNゲージの通常品との差がなくなって来ているようです。 

 それ以外に会場で見たものを。
画像

TOMIXの首都圏色DC郡。キハ20系はキハ22を除いてライトケースに朱が入らないようです。

画像

腕木式信号機と合わせてローカル駅の駅長気分に浸りましょうか。

画像

マイクロのキハE130系。スタイルが電車に近づきつつあります。実物は電車に近い重装備のために,相当重いそうです。電車に合わせてだんだん重くなるあたり,ある意味キハ40系の再来かもしれません。

画像

マイクロのキハ37。屋根が薄すぎるような気がします・・・

画像

同じくDD54型2種類。中間台車が傾いていますが・・・
1次型と2次型以降(量産車)では,ライトの位置が違うのに加え,正面窓の部分の角度が違っています(1次型がより斜めになっています)。1次型がタイプなのはこの角度が量産車と同じになっているのか,と思っていましたが,この写真で見ると量産車の方が1次型と同じになっているような気がします。

最後にKATOのD51。
画像

超スロー運転を披露していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第50回全日本模型ホビーショー 記念会事務局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる